歯が欠損した場合の治療法|白く輝く美しい口元を実現|歯医者で詰め物を変える
歯

白く輝く美しい口元を実現|歯医者で詰め物を変える

歯が欠損した場合の治療法

女性

メリットとデメリット

インプラントとは、欠損してしまった歯のかわりに、人工歯根を骨に埋め込み、その上に人工歯をかぶせる治療法です。骨にしっかりと定着するため自分の歯と同じように使えることができますし、見た目も自然です。保険適用外で自費治療となるので、金銭面での負担が高くなる治療法といえます。しかし、他の歯に負担をかけることなく治療を行うことができるメリットがあります。インプラントは機能性が高いのですが、手術をして骨に人工歯根を埋めたりするので治療期間が長くかかります。またインプラント治療が終わっても、治療後のメンテナンスに歯科医院へ通う必要もあります。メンテナンス費用も同様に保険適用外となります。しかし、メンテナンスをしっかり行わなければ、歯周病などによりインプラント治療の失敗を招いてしまいます。

保険が適用される

インプラントと同じように歯を失ってしまった場合の治療法として、入れ歯やブリッジなどがあります。入れ歯の場合は周囲の歯に負担をかけたり、かみ合わせが悪いなどの問題点が多いのが特徴です。ブリッジの場合、見た目は自然の歯と同じように見えます。しかし、欠損した場所の左右の歯を削る必要があるので、健康な歯を傷つけなければいけないという欠点があります。しかし、どちらも保険が適用されるのでインプラント治療より安く済みます。金銭面で躊躇する場合はインプラント治療にこだわるのではなく、入れ歯やブリッジの治療法の相談をしてみるのも一つの手です。どの治療法にも欠点はあります。どれが一番自分にいあっているかを治療法か考え向き合うことが大事です。